新着情報

7月下旬の和菓子は「木槿」

2017年07月20日
カテゴリー : 軽食&喫茶メニュー

mukuge

7月下旬の和菓子は「木槿(むくげ)」です。

木槿は朝咲いて、夕刻にはしぼんでしまう一日花。

木槿をモチーフに、団子の生地を伸ばし、星形に切り抜いてから、ピンク色の葛を包んだものです。
花芯は朝露に濡れて輝いている様を、琥珀で作っています。

・「和菓子と日本酒セット」・・・・1,000円(税別)
・「和菓子とフレーバー茶セット」・・・・1,000円(税別)

7月上旬の和菓子は「稚児提灯」

2017年07月03日
カテゴリー : 軽食&喫茶メニュー

稚児提灯

7月上旬の和菓子は「稚児提灯(ちごちょうちん)」です。

お稚児さんの参詣や、祭りで使われる赤い稚児提灯をモチーフにした葛饅頭。
赤く染めた餡を葛で包んで、可愛らしく仕上げています。

・「和菓子と日本酒セット」・・・・1,000円(税別)
・「和菓子とフレーバー茶セット」・・・・1,000円(税別)

6月下旬の和菓子は「苔清水」

2017年06月19日
カテゴリー : 軽食&喫茶メニュー

苔清水

6月下旬の和菓子は「苔清水(こけしみず)」です。

苔をイメージした餡を緑に染めて、葛で包んだ初夏のお菓子です。

・「和菓子と日本酒セット」・・・・1,000円(税別)
・「和菓子とフレーバー茶セット」・・・・1,000円(税別)

6月・7月の限定かき氷は、ヨーグルトエスプーマ「紅」

2017年06月07日
カテゴリー : 軽食&喫茶メニュー

紅

みなさまのご要望にお応えして、昨年夏に大好評いただいたかき氷「紅」が再登場。

ほんのりピンク色の甘酒ヨーグルトエスプーマの中はまさに「紅」、
真っ赤なスグリの氷です。

食べ進めると現れるのが、濃厚なカスタードクリーム。
是非、添えました花琥珀をかけてお召し上がりください。

日本酒の効いたクリームと冷たい氷、
まさに大人のためのかき氷になっています。

6月・7月限定のご提供です。

1,000円(税別)

6月上旬の和菓子は「紫陽花」

2017年06月01日
カテゴリー : 軽食&喫茶メニュー

紫陽花

6月上旬の和菓子は「紫陽花(あじさい)」です。

梅雨の頃の雨に濡れた紫陽花の美しさはたとえようもありません。
涼しげな色のきんとんを、寒天の雨のしずくで濡らしました。

・「和菓子と日本酒セット」・・・・1,000円(税別)
・「和菓子とフレーバー茶セット」・・・・1,000円(税別)

人気メニュー「マンゴーパルフェ」再登場

2017年06月01日
カテゴリー : 軽食&喫茶メニュー

マンゴーパルフェ

みなさまのご要望にお応えして「マンゴーパルフェ」が再登場。

マンゴーとフローズン甘酒を使った夏にぴったりのデザートです。
中には酒粕とヨーグルトのさっぱりしたアイスクリームが入っています。

・「マンゴーパルフェ」・・・・780円(税別)

5月下旬の和菓子は「青梅」

2017年05月25日
カテゴリー : 軽食&喫茶メニュー

青梅

5月下旬の和菓子は「青梅(あおうめ)」です。

和菓子のなかでも最も写実的で美しいお菓子です。
緑に染めた求肥生地に、一本の筋を入れ梅をかたどっています。

・「和菓子と日本酒セット」・・・・1,000円(税別)
・「和菓子とフレーバー茶セット」・・・・1,000円(税別)

5月中旬の和菓子は「早苗」

2017年05月12日
カテゴリー : 軽食&喫茶メニュー

早苗キントン

5月中旬の和菓子は「早苗(さなえ)」です。

苗代で育ち、代搔きをした本田に移すころの稲の苗を、早苗といいます。
ほっそりと伸びた葉は、みずみずしい浅緑色をして生命力にあふれています。

この菓子は、土を表す黒砂糖あんのきんとんに、
早苗を連想させる練りきり製の細いきんとんを植え込んで仕上げます。
あん玉は白あんを使っています。

・「和菓子と日本酒セット」・・・・1,000円(税別)
・「和菓子とフレーバー茶セット」・・・・1,000円(税別)

5月の限定かき氷は、焙じ茶とブレンド甘酒の「岩山」

2017年05月09日
カテゴリー : 軽食&喫茶メニュー

iwayama

かき氷「岩山」は

見た目、名前とは裏腹にとてもふんわりとしたかき氷です。

香ばしい焙じ茶アイスと、ブレンド甘酒(白鹿の酒粕と麹から作った2種類の甘酒)を氷の中に入れました。
特製の手作りチョコレートプリンと絡めてお楽しみ下さい。

5月限定のご提供です。

1,000円(税別)

4月下旬、5月上旬の和菓子は「唐衣」

2017年04月26日
カテゴリー : 軽食&喫茶メニュー

wagashi

4月下旬、5月上旬の和菓子は「唐衣(からごろも)」です。

らごろも つつ馴れにし ましあれば
るばるきぬる びをしぞ思う

『伊勢物語』に登場するこの歌は
“かきつばた”という言葉を入れて歌を詠めといわれて歌ったもの。
機知に富み、しかも情感もそなわっているとして賛美され、
今日でもよく知られている和歌の一つです。

この菓子は、歌の当意即妙をそのまま菓子としたもので、
かきつばたの花の気品や清楚な趣に魅せられての意匠です。

・「和菓子と日本酒セット」・・・・1,000円(税別)
・「和菓子とフレーバー茶セット」・・・・1,000円(税別)

1 2 3 6